2010年08月03日

Gunung Irau

昨日アップの記事、過去のメールを確認してみると山の名前はイラウ山でした。マレー語でGunung Irau。
山と言うよりは丘と言う気もしますがキャメロン自体が山なのでこんなもんなのでしょうか!?
歩き応えはイマイチですが、あまり人が踏込まないのか荒れていない感じは最高です。
一面苔の絨毯!
但し、注意しないとかなりぬかっており、動向の友人はしっかりはまりました(笑;)

本日はGunung Irauより着生蘭を一種。
品種も名前も判らずすみません。写真も遠くてイマイチですが、お許し下さい。
非常に花が小さいので、いつもより画像サイズを大きくしておきました。

orchid1.jpg
posted by katsu at 22:24| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Tropical Plant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

キャメロンハイランドの植物1

久し振りの更新です。中途半端にStopしたまま1年半が過ぎました^^;
hideさんのコメントにより何とかマレーシア最後のレポートまではお届けしようと奮い立ちました。
・・・と言っても帰国して既に2年が経ち、記憶も大分薄れており、登った山の名前も思い出せません(謝)
マレーシア最後の登山はキャメロンハイランドの山。
意気揚々と出かけたものの、「登山」と言うにはあまりにもガッカリした記憶はあります。
ただし、ウツボカズラや野性蘭はまずまず見ることができました。
今回は、ウツボカズラ2種をアップします。左のものは鈴なりに容器を付けとても綺麗でした!
名前等判らないままですみません・・・・・


pitcherplant1.jpg  pitcherplant2.jpg
ウツボカズラ(英名:pitcher plant)ウツボカズラ科ウツボカズラ属
posted by katsu at 23:33| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Tropical Plant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

キナバルの花ラスト

080331_031.jpg  080331_032.jpg
キナバル山 3300m付近

だらだらと続いてきた、キナバル山の植物紹介ですが本日でいよいよ終わりです。
根気良く訪問してくださった皆さんありがとうございました。
最後を飾るにはちょっと地味な花かもしれませんね。
それでも雨に濡れて疲れ切った中、3300mの山小屋付近でこの愛らしいお花たちが沢山咲いているのを見たら嬉しくなりました。
ここからもう少し登ると植物は無くなり岩山へと変ります。

2日目は日の出を見るために早朝2:30に山小屋を出発する訳ですが
この途中、全てのライトを消して見上げた星空は何時もの倍以上の星が輝いていました。
4年半のマレーシア生活を締め括るとても思いで深い旅行でした。
もう一度行ける日が来ると良いなぁと思っています。

さて、マレーシア報告最後はキャメロンハイランドを残すだけとなりました。
数は少ないですが素敵な植物をご紹介できると思います。
どうぞ気長にお待ち下さい。
posted by katsu at 08:56| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Tropical Plant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

寒中見舞い

2008122716040000.jpg  DSC04284.jpg

2009年がはじまりましたね、皆さんどんな新年をスタートされたのでしょう?
本年もどうぞ宜しくお願いします。
随分更新が延びてしまいました、しかも本日は日本の風景。

年末に職場の忘年会で中央アルプス千畳敷2600mへロープウェイで登りました。
右は宝剣、左は千畳敷から望む南あるプルの山々。
よ〜く見てください、中央には富士山が頭を出しています♪
新年2日にはここから上るご来光を見るため、再び登ったのですが
山は生憎の吹雪、何となくぼんやりとした陽の光が拝めただけでした。
来年こそは!と同行した友人とリベンジを近い下山しました。

はぁ〜、それにしても私のキナバル登山記、何時になったら終止符が打たれる事やらです。
今でも訪問下さっている皆様、どうぞ気長にご期待下さい。
posted by katsu at 13:24| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

ワックスフラワー似

080331_029.jpg
Leptospermum recurvum <フトモモ科レプトスペルムム属>

長野県はすっかり寒くなりまして、冬の到来も直ぐそこです。
5年ぶりの冬は本当に骨身に沁みますが、
通勤途中に迫る紅葉した唐松の山々が雪の帽子をかぶり見事な姿を見せてくれます。
ヤッパリ日本はいいなぁと改めて思う今日この頃です。
さて、のんびりペースで申し訳ないですが、本日もキナバルのお花を1点紹介します。

ワックスフラワーに良く似たこのお花、キナバルの2500m〜上に沢山さいていました。
調べてみると、ワックスフラワー同様フトモモ科の植物ですが
ワックスフラワーはオーストラリア原産。
こちらは正真正銘、キナバル・ネイティブです。
全く違う気候に良く似た植物が存在するなんて、なんて面白いと思うのは私だけでしょうか?
posted by katsu at 09:18| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Tropical Plant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

スズラン似の

080331_027.jpg   080331_027_2.jpg
キナバル山 標高2500m付近

更新継続宣言をしながら、前回の更新から結局10日、相変わらずダメな私です(謝;)
いよいよ11月突入、忙しい10月がやっと終わった〜ヽ(^o^)丿と思ったのも束の間
突如将来のかかった(?)試験を11月に受ける事になり今月も忙しくなりそうです(独り言)
私の住む地域、特に少々標高の高い私の職場は秋もそろそろ終わりの雰囲気です。
真っ赤に色づいた桜の葉も残りあとわずか
通勤途中に見える中アの山頂は27日に初観雪、美しく白化粧した姿を見せてくれます。
そんな景色にに癒されつつも、のんびり暖かいマレーシアがだんだん恋しくなって来ました(苦笑)

さて、本題です。
本日もキナバルのお花ですが、日本でも6月頃見れそうなお花ですね♪
そう、すご〜〜〜くスズランに似ています。
キナバルで見たお花の中でも結構お気に入りの一つです。
このお花も見れたのはこの一箇所。
キナバルのお花は、本当に貴重!慎重にいかないとなかなかお目にかかれません。
もう一度登りたいな〜と再び思うようになった今日この頃です。
posted by katsu at 08:13| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Tropical Plant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

キナバルの思い出

080331_026.jpg  080331_026-2.jpg
Euphrasia borneensis(ゴマノハグザ科) キナバル2500m付近〜

暖かいコメントを頂き暫く振りのブログ復帰です。
まずはお約束通り、本日は途中で報告が途絶えてしまったキナバルの植物を紹介から。

英名ではありますが、幸いにも手持ちの本に載っていました。
名前は判らないものの、どうやらゴマノハグサ科の植物のよう。
でもゴマノハグサ科って何?とちょっと疑問をもったのですが、日本でもお馴染みのイヌノフグリの仲間のようです。春になるといち早く土手などに咲いている、水色の小さな花ですよね。
花の大きさはイヌノフグリよりちょっと大きめ、本には半寄生ハーブとも書かれていました。
名前にborneensisな〜んて出ている通りキナバル2500m以上に生息する固有種のようです。

う〜〜〜ん、遠い昔の事のようですがまだまだ今年の出来事です。
年が変らないうちに頑張ってアップするぞ!!!
posted by katsu at 22:26| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Tropical Plant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。