2008年11月23日

ワックスフラワー似

080331_029.jpg
Leptospermum recurvum <フトモモ科レプトスペルムム属>

長野県はすっかり寒くなりまして、冬の到来も直ぐそこです。
5年ぶりの冬は本当に骨身に沁みますが、
通勤途中に迫る紅葉した唐松の山々が雪の帽子をかぶり見事な姿を見せてくれます。
ヤッパリ日本はいいなぁと改めて思う今日この頃です。
さて、のんびりペースで申し訳ないですが、本日もキナバルのお花を1点紹介します。

ワックスフラワーに良く似たこのお花、キナバルの2500m〜上に沢山さいていました。
調べてみると、ワックスフラワー同様フトモモ科の植物ですが
ワックスフラワーはオーストラリア原産。
こちらは正真正銘、キナバル・ネイティブです。
全く違う気候に良く似た植物が存在するなんて、なんて面白いと思うのは私だけでしょうか?
posted by katsu at 09:18| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Tropical Plant | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。