2006年07月17日

ワヌケヤッコ

060708_Bluering angelfish.JPG
ワヌケヤッコ(英:Bluering angelfish)<キンチャクダイ科サザナミヤッコ属>

ランティンガの海で"沢山いるなぁ!"と思った魚
第一位はお馴染みのクマノミたち。
ニモで有名なカクレクマノミにハマ・ハナビラ等本当に沢山、しかも大きくてビックリ。
そして第2位、以外に私の目を引いたのは写真のワヌケヤッコ。
蛍光っぽいブルーのラインが目を引くせいか、妙に沢山見た気がします。
キンチャクダイ科のお魚は以外にでお茶目な顔をしているんですよ。

060708_Bluering angelfish2.JPG

成魚になると出来てくる目の後ろのブルーの輪が和名の由来なんだとか。
英名のブルーラインの方が解り易いと思うのは私だけでしょうか?
posted by katsu at 09:27| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Diving | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20907860
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ワヌケヤッコ
Excerpt: サムイ島、タオ島、パタヤなどのシャム湾側で よく見られるエンジェルフィッシュの仲間。 身体の青い線がとてもきれいです。 撮影地:タオ島
Weblog: タイのビーチリゾート旅行記
Tracked: 2006-09-20 18:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。