2006年10月31日

少しばかり観光も

tman_ayun1.JPG  tman_ayun2.JPG
タマン・アユン寺院 メル(塔)と像

こちらはウブド郊外にあるバリで2番目に大きなお寺、タマン・アユン。
タマンはインドネシア語で公園(マレー語も同じですね)
アユンは美しいと言う意味だそうです。
その名の通りこのお寺の周囲は大きな公園が広がっています。
ガイドさんの説明では建物の屋根は白ワラと黒ワラが使われているそうで
写真の塔は全て黒ワラです、とても植物の色とは思えない美しさですよね。
この黒ワラ、ワラと言ってもイネでは無く椰子の木のような物だそうです。
どんな風貌で生えているのか見てみたいと思ったのですが
山の方へ行かないと生えていないそうで見る事は叶いませんでした。

お寺は通常一般人が入る事は出来ないそうで塀の外からのみの見学です。
塀の周りを一周してくると、そこにマンゴーとジャックフルーツの木を発見。
マンゴーはいつか紹介したいと思いつつマレーシアでは中々遭遇する事が出来ず
紹介できないままになっていましたので、ちょうど良かったです(^^♪
こちらがマンゴーの木、もっと面白いなり方をしている種もあるのですが
又いつかの課題とさせて頂き、今回はこれでご勘弁を願います。
(車窓からはそのマンゴーも見れたのですが残念!)

mango.JPG
posted by katsu at 17:53| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。