2007年07月01日

MPO 07/07/01

気が付けばもう7月、早い物で2007年ももう後半へ突入。
そして久し振りにMPOのサンデー・コンサートへ行ってまいりました。
サンデー・コンサートの魅力は気軽さなのですが
今回のコンサート、行くなら夜だったかも。。。と思えるコンサートでありました。
曲がとってもムーディー。でも1人では寂しいだけかぁ。。。

ちょっと予定外だったのですが、訳あって突然脚を運んでみました。
人との出会いは一期一会です。
って何言っているのか意味不明ですよね(^^ゞ まぁ独り言です。

来週のソロは何とリコーダーですよ!リコーダー!!
もちろん私達が小学校で演奏した物とは少し違うそうですが、基本的には同じなのだそう。
そして後半は誰でも知っている曲
モーツアルトのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークとの事です。
頭脳活性の為にも是非脚を運びたいと思っています♪



ここからは私のコンサートメモとさせて頂きます。
全く無知のわたしですが折角聞いた曲を忘れないよう自分の為の記録です。
表現力も乏しく的確では無いだろう事を事前にお断り致します。


 プログラム
  指揮  ドリアン・ウィルソン
  ピアノ ジョゼ・コロム
 前半
  ファリャ バレエ音楽「三角帽子」第2組曲
   1.近所の人たちの踊り
   2.粉屋の踊り
   3.終幕の踊り

  ファリャ 交響的印象「スペインの庭の夜」
   1.ヘネラリーフェにて
   2.はるかな踊り
   3.コルドバの山の庭にて
 後半
  レスピーギ ローマの噴水
   1.夜明けのジュリアの谷の噴水
   2.朝のトリトンの噴水
   3.昼のトレヴィの噴水
   4.たそがれのメディチ荘の噴水

  レスピーギ ローマの松
   1.ボルゲーゼ荘の松
   2.カタコンブ付近の松
   3.ジャニコロの松
   4.アッピア街道の松


スペインの庭の夜
ステキな曲です、でもハーモニーが素人の私には難しかった。。。
最初はピアノ見せ場(聴かせ場?)が少ないかも。。。と思ったのですが大間違い。
ピアノだからこそ出せる雰囲気、ハーモニーなのだなぁと思いました。
大人チックなと言われましたが確かに。独特のリズムでジックリ聞かせる曲でした。
少なくとも日曜日の昼意外に聴きたいい曲ですね。


ローマの噴水
ロマンチックな金属音を奏でていたのは鉄琴でしょうか?
ハープの音色甘〜く印象的でした。


ローマの松
盛り上がりましたねぇ。
ローマの歴史と言う観点からは私のイメージでは4楽章がピッタリですが
個人的には1楽章好きです。
"きれいな"とちょっと違う不思議なハーモニーが印象的。
本来は低音がズッシリ聞いた曲の方が好みなのですが。。。
posted by katsu at 23:55| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46450388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。