2007年10月07日

何を保護?

070929_SgChili.jpg  070929_SgChili.j2pg.jpg
スンガイ・チリの入口と魚達 <撮影:Minamiさん>


1年半前初めてスンガイ・チリを訪れた時、自然以外の何も存在しなかったのですが
入口には立派(?)なゲート、少し入った広場にはトイレや休憩所等の設備が建設されました。
このゲート、SANTUARI IKAN SUNGAI CHILINGと書かれています。
マレー語は良く判らないのですが、どうやらSANTUARIは英語のSanctuaryらしい。
Ikanは魚なので、魚保護区と言う事でしょうか?
でも前回に増して増えていたこの魚達
1年半前は全く居なかったのですから、人工的に放流されたのでしょう。
自然を保護する意味よりも行楽地化する為の保護区のような。。。
本当に保護したいなら、こんな立派な看板や設備要らないのでは。。。
とイマイチ納得の行かない管理人でありました。
因みに、ここで魚を捕まえるとRM1000の罰金だそうです。
posted by katsu at 13:28| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。