2009年01月12日

寒中見舞い

2008122716040000.jpg  DSC04284.jpg

2009年がはじまりましたね、皆さんどんな新年をスタートされたのでしょう?
本年もどうぞ宜しくお願いします。
随分更新が延びてしまいました、しかも本日は日本の風景。

年末に職場の忘年会で中央アルプス千畳敷2600mへロープウェイで登りました。
右は宝剣、左は千畳敷から望む南あるプルの山々。
よ〜く見てください、中央には富士山が頭を出しています♪
新年2日にはここから上るご来光を見るため、再び登ったのですが
山は生憎の吹雪、何となくぼんやりとした陽の光が拝めただけでした。
来年こそは!と同行した友人とリベンジを近い下山しました。

はぁ〜、それにしても私のキナバル登山記、何時になったら終止符が打たれる事やらです。
今でも訪問下さっている皆様、どうぞ気長にご期待下さい。
posted by katsu at 13:24| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

秋の気配

20070818_furo.JPG

 和名:ハクサンフウロウ
 フウロウソウ科フウロウ属



標高1500mの蓼科高原女神湖で日本滞在の半分を過ごしました。
焦げ付くような日差しを和らげるように涼やかで心地よい風が吹いていましたよ。
まだまだ暑いですが、山はチョッピリ秋の気配です。
お世話になったのはこちらペンション・ベルフォーレさんです。

う〜〜ん、日本滞在も後たったの5日!!
posted by katsu at 22:43| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

新緑の京都

kiyomizu.JPG   kiyomizu_momiji.JPG
清水は新緑のモミジに彩られ・・・

新緑の京都を巡った後
昨夜遅くにマレーシアに帰ってきました。

fushimiinari.JPG
伏見稲荷:熊鷹大神手前の坂と鳥居

京都では1度行ってみたかった伏見稲荷大社へ足を運びました。
薄暗い森の中に続く朱色の鳥居、全工程を歩くと2時間かかるとか。
幼い姪二人を連れた今回の旅では京都の街を一望できる四ツ辻までが精一杯。
又いつかゆっくりと巡ってみたい物です。

伏見稲荷大社ホームページ
posted by katsu at 15:34| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

マレーシアへ

明日京都を訪ねた後、日本を後にします。
京都を訪れるのは7年ぶりくらいになるでしょうか
天気予報は雨。でも楽しみです。

日本の皆さん
ずっと風邪をこじらせ連絡もせず会う事も出来ないまま去りますがゴメンネ。
マレーシアのみなさん
もうすぐ帰ります、またよろしくね。
posted by katsu at 22:26| クアラルンプール ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

ジャーマンアイリス

P060524_0845.jpg
ジャーマンアイリス<アヤメ科アイリス属>

実家の庭はジャーマンアイリスが見頃です。
ゴージャスすぎて私は少し苦手、でも母の周囲ではブームのようでです。
現在7種程の品種が花咲かせていますが
まだ未開花の物が数種残っているようです。
ピンクやチョコレート色(?)、まであると聞いて驚きです。
posted by katsu at 09:40| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

高ボッチの由来

たまたま友人と話をしていると高ボッチの話題に
"何とも変な名前だよね"と言う県外出身の友人に
名前の由来は、確か山を運んだ大男ダイダラボッチの民話から
と話してみたものの確信が持てずネットでチェック。

昔ダイダラボッチが京都から信濃へ山を運ぶ途中腰を下ろしたのが高ボッチ
再度立ち上がるため踏ん張った足跡が諏訪湖になったとか。
高ボッチは漢字で書くと高法師、高法師=巨人のお坊さんなんだとか。
ダイダラボッチの民話はここに限らず関東を中心に沢山のお話があるようです。
posted by katsu at 23:55| クアラルンプール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

高ボッチへ

DSC01496.JPG
ヤマエンゴサク<ケマンソウ科 キケマン属>

春山散策に"高ボッチ高原"へ
里では狂ったように花が咲き乱れていますが
山では春の訪れが遅れているようです・・・
山頂付近で見ることが出来たのは数種の小さな花たちだけ

写真が上手く取れませんでしたが
春に咲くリンドウ "フデリンドウ" を始めてみました。
とても可愛かったです。
posted by katsu at 23:55| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

クマガイソウ

P060515_1811.jpg
クマガイソウ<ラン科アツモリソウ属>

こちらも親戚の家の庭で撮影しました。
おもしろい花ですね。

他にも色々撮影したんですが
日本の携帯を使いこなせない私、その他の画像は保存されていませんでした。。。
posted by katsu at 09:21| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

山芍薬

南国生活がすっかり身についた私には日本の寒さが身に沁みます。
昨日の夜11時、道路脇に設置された温度計はわずか8度。。。

それでも日本は花盛り
民家の庭先では沢山の花を目にすることができます。
そんな中、親戚の家の庭で一際私の目を引いたのがこちら山芍薬。
携帯画像なので少し判り難いですが、何と可憐な事。
今度は野に咲く姿を見に行きたいものです。

P060515_1812.jpg
山芍薬<キンポウゲ科ボタン属>
posted by katsu at 10:45| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

雨の田植え

今日の天気は雨。
しかし我が実家では予定通りお田植えが実行されました(-_-;)
風邪気味の私はお茶&ご飯当番を申し出たのですが却下され
?年ぶりにカッパなんてものを着て田植え。。。
実家のお米(こしひかり)は美味しいですが、農作業は大変です。

今年は「お田植えを体験してみたい!!!」と言う
奇特な兄の友人(♀)が横浜からお手伝いに来てくれました。
苗の根元についているモミ(米)を見て本当にお米から生えてるんですね!
と感動していたことに感動してしまった私です。
posted by katsu at 17:45| クアラルンプール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

新緑の中

ただいま日本は芽吹きの季節。
山は沢山の若い緑で彩られています。
通いなれた道を車を走らせたら沢山の花々が目にはいりました。
少し風が冷たいですが、本当によい季節。
と言いながら朝、晩は絶えられずストーブ使ってしまいました(笑)
posted by katsu at 21:35| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

日本も後わずか

先日までの寒さが嘘のよう
昨日は大雨、今日はポカポカ良いお天気で気持ちがいい。
あっという間の日本滞在。
あしたからマレーシアの生活が始まります。。。。。
posted by katsu at 11:31| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

御神渡

諏訪湖では早くも御神渡があったそうです、拝観式は1月13日とか。
明治37年、昭和2年の1月9日に継ぐ早さだそうです。
今年はやっぱり寒いんですね。。。

御神渡
ホテル紅やさんのHPで詳しく紹介されていました
興味のある方はこちらへ → ホテル紅や観光情報
posted by katsu at 23:59| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

雪国

DSC01105.JPG
野尻湖から望む志賀の山々

新潟へ行った帰り道ぶらり信濃町へ立ち寄った。
連日降り続いた雪も今日は小休止、青い空に雪化粧した山々
息を呑むほどの美しい風景とは裏腹に、想像もつかない厳しい生活もあるのでしょう。

諏訪湖は既に全面結氷したと言うのに、全部が氷り付いていない野尻湖
雪が降る分暖かいのでしょうか。。。

DSC01108.JPG
静まり返った小路





posted by katsu at 23:30| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

雪は少なめですが

DSC01090.JPG
山々を一望できる丘より −諏訪湖と中央アルプスを望む−

日本滞在中に絶対体験したい!!!と思っていたスノーシューウォークへ参加♪
霧ヶ峰自然保護センター企画のツアーでなんと参加費は保険料の200円のみ。
レンジャーの方が親切にガイドしてくださったので初心者の我々も安心して参加できました。
霧氷や雪の結晶、動物の足跡を見つけながらのんびりウォーキング。
申し分無い天気に付け加え、富士山に八ヶ岳、3つのアルプスの眺めは最高。
大雪の北部とは逆に年末から殆ど雪が降らずツアーも危ぶまれましたが
厳しい寒さの為雪は想像以上にフカフカ、満足いく時間を過ごすことができました。

終了後車山へ寄り道、雪の丘に寝転がって。。。 撮影:mikiさん
DSCN3922.JPG

霧ヶ峰自然保護センター ホームページ
霧ヶ峰自然保護センター ブログ
posted by katsu at 21:13| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

ご来光

今朝は4時起きをし、中央アルプス千畳敷から眺めるご来光ツアーに参加。
予報通りの雪で、標高2,612mの千畳敷は深々と降り続く雪の中。
初めてのご来光ツアーはその上にそびえる宝剣岳すら見上げることが出来ませんでした。

毎年1/1・2のみ行われれるこのツアー
運が良ければちょうど富士山の真上から登るご来光、ダイアモンド富士が見れるそうです。
写真でしか見ることの出来なかった光景にいつか出会えたら。。。。。

中央アルプス千畳敷ご来光ツアー
申し込み先:中央アルプス観光
参考ページ:駒ヶ根観光協会


posted by katsu at 21:45| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | From Japan | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。