2007年11月20日

白鳥の湖

久し振りにMPOのコンサートへ足を運びました。
楽しみにしていたフィルムコンサート、演目は白鳥の湖です。
そのタイトルと有名なフレーズは誰でも知っている物と思いますが
実は全楽章聴くのも、バレエを見るのも初めて。
バレリーナの羽の生えたような動きにもうっとりしますが
今回はその演奏に大いに感動させられました。
何となく、美しく清らかなラブソング的イメージを持っていた有名なフレーズは
もっと奥の深いものがあり、こんな素晴らしい曲だったんだと再認識させられました。
あ〜今でも耳から離れません♪
posted by katsu at 10:44| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

MPO 07/07/08

皆さんお久し振りです、気が付けばずいぶん更新をサボったものですね^^;
まめにページをクリックしてくださった皆様申し訳有りませんでした。

先週に引き続き今週もMPOサンデーコンサートへ行ってきました。
今回のMPOはリコーダーのソロ+誰でも知っているこの曲
モーツアルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク
と言うことで楽しみに行ってきたのです。
リコーダー曲では20人程、その外でも50人に満たない小さな編成でしたが
素晴らしい盛り上がりをみせたコンサートでした。
特にリコーダーを演奏されたミカラ・ペトリさんの技には脱帽です。
アンコールで披露してくださった技の数々には言葉もありませんでした。

もちろん、楽しみにしていたアイネ・クライネ生演奏も充分に楽しんで
とても楽しいコンサートでした♪



私のメモ
posted by katsu at 23:45| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

MPO 07/07/01

気が付けばもう7月、早い物で2007年ももう後半へ突入。
そして久し振りにMPOのサンデー・コンサートへ行ってまいりました。
サンデー・コンサートの魅力は気軽さなのですが
今回のコンサート、行くなら夜だったかも。。。と思えるコンサートでありました。
曲がとってもムーディー。でも1人では寂しいだけかぁ。。。

ちょっと予定外だったのですが、訳あって突然脚を運んでみました。
人との出会いは一期一会です。
って何言っているのか意味不明ですよね(^^ゞ まぁ独り言です。

来週のソロは何とリコーダーですよ!リコーダー!!
もちろん私達が小学校で演奏した物とは少し違うそうですが、基本的には同じなのだそう。
そして後半は誰でも知っている曲
モーツアルトのアイネ・クライネ・ナハト・ムジークとの事です。
頭脳活性の為にも是非脚を運びたいと思っています♪



私のメモ
posted by katsu at 23:55| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

べとしち

久し振りにMPOコンサートへ行ってきました。
今回は”のだめ”ですっかり有名になったベートーベン7番。
のだめ効果なのかいつもよりずっと日本人が多かったのではないでしょうか?
流石にドラマでは全楽章という訳には行きませんが、
コンサートではしっかりと全楽章を楽しませていただく事が出来ました。
今回の席も最近定着しつつある2階席。
あまり周囲を気にならずリラックスして聞く事が出来結構お気に入りです。



私のメモ
posted by katsu at 23:55| クアラルンプール ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

MPO 07/3/24

今回のMPO(Malaysian philharmonic orchestra)は
ヴァイオリンのヴィヴィアン・ハーグナーさんを迎えてのコンサートでした。
また前半後半併せて今までに無く良いプログラムだと聞いていましたし
席は1度座ってみたいと思っていたヴァイオリン側のBOX席最前列。
とても楽しみにしていたコンサートでした。

ヴィヴィアンさんは写真で見るよりずっとチャーミングな方でした
演奏も彼女のヴァイオリンの深い音色に釘付け、あっという間の演奏でした。
私は違いの判るほどの"名耳"を持ち合わせない事が残念ですが
彼女のヴァイオリンは日本音楽財団から貸与された
ストラディヴァリウス1717年製ヴァイオリン「サセルノ」と言う名器なのだそう。

最近コンサートに行く度思うこと、あんな風に音楽を演奏できるって素敵だなぁと。
今更ながら私も何かやってみたいと思いつつ
幼き頃、うまく動かない短い指に
嫌々ながらピアノを習い続けた苦い記憶が蘇るのです。
あっ、やっぱりセンスでしょうか(苦笑)
私のメモ
posted by katsu at 15:46| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

MPO 07/03/04

MPOコンサートで最近定番になりつつある2階席最前列。
オーケストラ全体を見渡す事が出来かなりのお気に入りです。
今回のコンサートはピアニストのラルス・フォークトさんを迎えてのコンサート。
目の悪い私にはハッキリとまでは行きませんが
彼のテクニックもバッチリ拝見できるとても良い席です。

このラルフさん、今最も注目を浴びているピアニストなのだそうで
日本で彼の公演を聞くには今回のチケット代の10倍を払わなくてはならないのだとか。。。
なんて運が良いのだろうと感激してしまいます。
又このラルフさん、楽章の途中で起こった拍手に対し、客席に向かい
優しくお辞儀をする姿がとても印象的でした。
ドイツ人らしい大きな体格に似合わずとても優しそうな方で
演奏以外にもホッとさせられるコンサートでした。
私のメモ
posted by katsu at 09:30| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

MPO 07/02/09

当然の事ですがクラシックコンサートで大笑いする人なんている訳がありませんよね。
ところがです、先日コンサートの最中に
何だかとってもおかしくなってきて笑いたくってたまらなくなってしまったんです。
その時の演目はショスタコーヴィッチの交響曲第7番「レニングラード」
戦争交響曲とも呼ばれる曲なのだそうです。
そんな曲の何がそんなにおかしかったのか。。。
理由は色々あるのですが一番の理由は永遠と繰り返される同一フレーズ。
しかももの凄い迫力なんです、指揮者も奏者の方々も凄い気迫。

笑い出しそうだった、なんて書いてしまうと誤解を受けそうですが
曲も演奏もとてもよかったです、もう一度じっくり聞いてみたいです。

私のメモ
posted by katsu at 18:56| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

MPO 07/01/07

MPOのNwe Yearコンサートへ行ってきました。
ワルツにポルカにマーチ、じっと聞いているのがもったいなかったです(笑)
特に楽しませてくれたのがパーカッション。
定番の楽器以外に不思議な小物が次々と登場してきました。
それに負けじと(?)指揮者の方も
バイオリンを弾いたり、小鳥の笛を吹いたりと大活躍。
そんな演出がマレーシアの方々の心を強く捉えてしまったようで
沢山の小鳥の笛で演出された「クラップフェンの森で」は
会場の拍手が格別に素晴らしかったです。
とても気になる事、あの鳴りそこねた笛は演出だったのでしょうか。。。?

私のメモ
posted by katsu at 23:33| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

MPO 06/12/15

MPO(Malaysia Philharmonic Orchestra)今年最後のコンサートに行ってきました。
年の最後を締める(?)とても良いコンサートで
久し振りにオーケストラを堪能したと思える大満足のコンサートでした。

今回このコンサートを選んだ最初の理由は
ピアニストの生演奏が是非1度見たかった、と言うとても単純な理由。
と言ってもピアノ曲やピアニストの知識がある訳ではなく
今回いらした、シプリアン・カツァリスさんがどんな偉大な方なのか
コンサート後に知った。。。とう申し訳無い有様だったのです。
NHKの趣味講座へご出演された事もあり、日本でもとても有名なのだそうです。
演奏される手元も良く見えるとても良い席だったので
可憐な鍵盤捌きに釘付けでした、残像が残る程の動きに感動!!!
アンコールでは2曲も演奏して下さり本当に大満足でした。
コンサート後のサイン会にも立寄ったのですが
とても気さくでユーモラスな方で、片言の日本語で場を盛り上げても下さいました。

さて、長くなっていますがもう一つ、
今回の指揮者は、以前MPOにいらしたキース・バークルスさんと言う方でしたが
とても情熱的な指揮をされる方で(素人感想ですが。。。)
聞く方としても、とても力強く引き込まれるようなコンサートでした。
終わってみるとアッと言う間の出来事で
一緒に行った友人は”あれ?もう終わりなの??早いねー”と言う程でした。


私のメモ
posted by katsu at 13:06| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

おとぎの国へ

昨夜は楽しみにしていたMPOコンサート。
今回のコンサート楽団の皆さんは脇役(?)に徹していらっしゃいました。
と言うのも今週のコンサートはWithスクリーンと言う事で
ニューヨーク・シティ・バレエ団の映像と共にMPOの演奏を楽しみました。
衣装もいつもの正装ではなく黒一色
演奏の開始と共に奏者の方々のライトは暗く落とされ巨大スクリーンに
映像が映し出されます。
演目はくるみ割り人形、時節的にもピッタリですよね。

バレエの映像も美しく見入ってしまいましたが
何より素晴らしかったのは、映像にピッタリと合った演奏。
音に動作を合わせる事も難しいと言うのに
完成した映像にオーケストラの音を合わせるなんて神業だと思いませんか?
映像も見たい!でも奏者も気になる!!とあっと言う間の2時間でした。

自分自身がすっかりおとぎの国へ引き込まれ
童心に帰ったような気分で楽しむ事が出来たコンサートでした。
posted by katsu at 12:31| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

無関係者です

昨日MPO(Malaysia Philharmonic Orchestra)のスポンサー家族向けの
コンサートへ運良くご招待(?)頂きました。
もちろん私は無関係者なのですが、
こっそりと(??)紛れてちゃっかり演奏を聴いてきました。
家族、特にお子様向けの1時間程のコンサートで
演奏の合間には楽器の説明や、指揮者体験等を交えて子供達が退屈しないよう
様々な演出が用意されていました。
子供達のざわめきの中、楽団の皆様もカラフルなポロシャツ姿
何時もとは全く違うカジュアルな雰囲気でのコンサートを楽しんできました。
posted by katsu at 23:18| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

マスタークラス

先日知人にお誘い頂き、チェロのマスタークラスへ参加してきました。
”えっ、あなたがチェロ!?”と私を良く知る方々は驚かれる事と思いますが
その通り、私はチェロはおろか何の楽器にも縁がありません。。。
一緒に行く予定だったお嬢さんが行けれなくなりチケットが余ってしまった
と言うことで音楽好きの知り合いから誘って頂いたのです。
何事も百聞は一見にしかず、と言いますから(^_^;)

そうは言うものの、クラシックも楽器も何の知識のない私。
しかも言葉はもちろん英語。。。
不安を抱きながらの参加ではあったのですが、結構楽しむ事ができました。
選ばれた二人の生徒さんが実際に曲を弾き、プロから指導を受ける訳ですが
1人めの生徒さんは、比較的初心者であった為、
言葉も、テクニック等についても説明も何とかついて行けれたのですが
二人目の方はかなりの腕前、先生の指導にも熱がはいります。
こうなってくると、もう○△▽×□???・・・・
説明は諦めて演奏だけを気持ちよく聞かせていただきました。

チェロの音色は結構好きなんです。
単独で聞いてみると、思うよりも音域も広く又楽しむ事ができました。
posted by katsu at 23:04| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

久振りのコンサート

久振りにMPOのコンサートへ出かけました。
今回は楽しみにしていたオールモーツアルトのプログラム。
前半はカナダ人ソプラノ歌手のナンシー・アージェンタさんを招いて
歌曲中心のプログラム。
フィガロの結婚等歌劇の曲3曲と単独のアリア2曲でした。
オペラ(厳密にはオペラではないのかな)を生で聞くのなんて小学校の芸術鑑賞以来です。
言葉は判らないし大丈夫かしら?と少々不安ではありましたが
アージェンタさんはとても小柄でチャーミングな方で
その小さな体から出される歌声は聞いていた通りの美声でうっとりでした。
久振りのコンサートでしたらから、楽団の演奏としては少し寂しかったですが
たまには歌曲も楽しかも、と思えました。

後半は「ポストホルンセレナーデ」
前半は軽快でモーツアルトをイメージし易く聞き易いメローディーです。
特に4楽章(確か)は聞き覚えもあり心地良く引き込まれていきました。
後半に入り暗く静かなテンポが少し続きますが
最後は大きく盛り上がり盛大な拍手とともに終了。
聞き手サイドに多少の問題があり少し残念に思いながらも
久振りのコンサートを堪能する事が出来ました。

モーツアルトを聞いて私の頭も少しは良くなったでしょうか!?
posted by katsu at 10:12| クアラルンプール ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

思いがけない1日

今年はモーツアルト生誕250年で大いに盛り上がっていますよね。
リラクゼーションから始まり、頭が良くなる、恋愛運上昇等伝えられる効果は様々。
効果の程は判りませんが
私のような素人でもとても気分良く入り込める音楽である事は間違いないでしょう。

本日は思いがけずMPO(Malaysia Philharmonic Orchestra)の練習を
見学させて頂く事が出来ました。
お題はもちろんモーツアルト。
週末のプログラムのからMarch No.1とNo2だったでしょうか?(教えて頂いたのに。。。)
軽快なリズムと優しい音色、途中には弦をたたくようにし音を出す部分もあり
素人の私はこういう方法もあるのだなぁと感心してしまいました。
言葉が判らず残念ですが、指揮者が演奏を中断し助言をすると
奏者達がひそひそと囁き合いながら譜面に何かを書き込む姿も新鮮です。
そして何より練習とは言え
久し振りにホールで聴く生の音色は本当に心地の良い物でした。

練習後にホールを去る奏者の皆さんは、意外にラフでまるで学生さんのよう。
別世界の人々と思っている芸術家の皆さんをチョッピリ身近に感じてしまいました。

posted by katsu at 23:50| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

低音の迫力

先週に引き続き大植えさん指揮によるMPO。
本日の席はBox席Aの1番2番、ステージに向って右側BOXの一番前
奏者の譜面が見えるほどの距離に位置します。

ステージ向って右側はチェロやコントラバス奏者の席となる為
ズーンと響く低音が良く聞えます。
特に後半の曲、ラフマニノフ交響曲第2番ホ短調作品27は
低音がとても綺麗な曲でしたからその迫力に圧倒
コントラバスの弦を指でポーンと弾く低く優しい音色がとても心に残ります。

指揮者のリードやソロバイオリニストの演奏もとても楽しく
あっという間の2時間でした。
posted by katsu at 23:50| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

大植英次さんによる

昨日は友人に誘われMPO(Malaysian Philharmonic Orchestra)コンサートへ。
今回は指揮者に大植英次さんを招いてのライトクラシックシリーズ。
クラシックは全くの初心者の私。
正直言って前半2曲目は少し難しくなかなか気持ちが入っていかず。。。
それでも大植さんの情熱的なリードと心地よいピアノのリズムに
何とかついていく事が出来ました。
後半はウェストサイド・ストーリーのシンフォニック・ダンス。
おなじみの曲にあっと言う間の時間を過ごしました。
大植さんのパフォーマンスにも楽しませて頂いたコンサートでした。

そうそう今回座ったボックス席H。
時々見える指揮者の表情
ピアニストの手元もバッチリでとても良かったです♪

来週は大植さんによるメインシリーズです。
posted by katsu at 08:40| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

MPO公開練習

MPO(マレーシアフィルハーモー管弦楽団)の公開練習へ行ってきました。
日本では少し敷居の高いクラシックコンサート。
ここマレーシアでは興味さえあれば比較的気軽に足を運べるんです。
本日は本番のコンサートとは違った面から楽しむ事が出来ました。

残念ながら写真撮影は禁止の為写真はありません が
MPOのコントラバス奏者の古澤さんのブログをのぞいて頂くと
コンサート情報やリハーサルの様子等沢山の情報が写真付で公開されています。
興味のある方は是非ご覧下さい!
MOP日記

ちなみにMPO公式ページはこちらです、もれなく演奏も聴けちゃいます♪
Malaysian Philharmonic Orchestra

来月は日本から指揮者の大植英次さんを招いてコンサートが行われます。
私も本日チケットをGetしてきました♪♪♪



posted by katsu at 22:58| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

MPO

マレーシア・フィルハーモニック・オーケストラ
前から少し興味があったのだけど、チョッとしたきっかけでコンサートへ出かけた。
クラシックコンサートは初めて。おしゃれして、少しドキドキ。
クラシックコンサートを気軽に楽しめるのもマレーシアならではかもしれません。
posted by katsu at 23:59| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MPO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。