2006年08月31日

独立記念日

本日マレーシアは独立記念日で祝日です。
マレーシアで暮らし始めて2年10ヶ月となりますが
独立記念日をこの地で迎えるのは初めてのこと。
昨夜30日から31日に日付が変わる頃、各地で花火が上がるはず!
と楽しみにしていたのですが、2本の缶ビールにすっかり酔いつぶれてしまった私
花火の音にも全く気付く事無く眠り込んでしまいました。
3度目にして初の独立記念日花火を見る夢は叶わなかったのです。。。トホホ。。。
posted by katsu at 18:52| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

更にヤスデ

obiyasude1.JPG   obiyasude2.JPG
(多分)オビヤスデ<ヤスデ網オビヤスデ目>
撮影:東マレーシア・ダナン・ヴァレー


虫嫌いな方すみません、昨日に引き続きヤスデを紹介しちゃいます。
こちらは多分オビヤスデの仲間です、昨日のタマよりもグロイですよね。
タマにはなりませんがクルクルっと簀巻きのように丸まります。
ずっとムカデだと思っていた虫音痴な私、
毒を持つムカデとは違い枯葉を食料とするヤスデはずっとおとなしい虫のようです。
よく見ると顔も可愛く見えてきます!?

ヤスデの英名のmillipede、ラテン語で千の足と言う意味のようです。
ちなみにこのオビヤスデはキャタピラ(?)1枚につき片側2本の足を持つので
キャタピラの数を数え×4すれば足の数がわかるそうです。
千の足は無さそうですよね(笑)

posted by katsu at 10:01| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

だんご虫改め

tamayasude_1.JPG
タマヤスデ(英:Pill Millipede)
撮影場所:東マレーシア/ダナン・ヴァレー


以前"巨大だんご虫"と紹介したこの昆虫
(以前紹介した固体の方が綺麗でしたよね!参照2005/4/4記事
正しくはダンゴムシでは無くヤスデの仲間、タマヤスデです。
何が違うのか?と聞かれても良く判らないのですが
タマヤスデはタマヤスデ目、ダンゴムシはワラジムシ目
やはり別物のようです。
(詳しくはネッタイタマヤスデかもしれません(ネッタイタマヤスデ目))
森林では落ち葉を分解し森の栄養を作る大切な役割を担っています。

tamayasude_2.JPG 丸まっている姿は愛着があるのですが
 どうでしょうこの写真チョッと寒くなりませんか?
 しばらく待つとだんだん伸びてくるんです。
 お腹からのこのアングルは寒さを増しますよね(^_^;)
 こちらのタマヤスデの方が小さく見えますが
 持ち手が女性から男性に代わっただけで同じヤスデです。
 ちなみに私には素手で触る勇気はありませんでした。
posted by katsu at 23:54| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

カブト虫?

060814_beetle.JPG

メランのレストランでの昼食中に発見されたこの昆虫
発見者は第一声"大きなカナブン!"と
でも私は写真を撮りながら"カブト虫のメスなのでは?"と思ったのですが
山育ちで昆虫は見慣れているものの、興味外だった為ジッと観察した事のない私
見分けるポイントがサッパリ判らず。。。

以前自宅の洗濯場にカブト虫のメスが瀕死の状態でひっくり返っていた事がありますが
その時もゴキブリではないか!?と近付けなかった事が。。。
コガネムシとカブト虫ならまだしも
ゴキブリとカブト虫ではあまりにも気の毒だったかもと今更ながら思うのです。

そんな訳でゴキブリとカブト虫の区別もつけれない私です
当然この昆虫の正体が判るわけも無く不明のままですみません。。。
posted by katsu at 09:45| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

あしあと

060814_kame ashiato.JPG

砂浜に引かれた2本の線、何の跡か判りますか?
実はこれ、カメの足跡です。
前の夜、アオウミガメのお母さんが産卵の為浜を訪れたのです。
上陸の時間が早かった為、大勢の観光客に囲まれてしまい
母ガメはそこでの産卵を断念し去っていきました。
卵を産み始めれば、気配を感じても最後まで卵を産み落とすらしいのですが
やはり産卵前は警戒しているのでしょうね。
私も見物人の1人でしたから、カメに申し訳無く後味の悪い結果となりました。
ついつい見たい気持ちが先走ってしまいますが
自然に興味を持ち、大切にしていく為にはそればかりではいけないのだなと
深く反省させられる一夜となりました。
posted by katsu at 19:21| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

おまけ(カメ映像)

子ガメ誕生の映像を1ヶ月の期間限定でアップしたいと思います。
7M程あります、私の環境ではアップするのが相当の苦労でした。。。

掘り起こした砂穴の脇から這い出す子ガメと
翌朝孵化した子ガメのトレーの中での奮闘振りです、どうぞお楽しみ下さい。
私の力のこもった声も入っていますがどうかご愛嬌(*^。^*)♪


posted by katsu at 23:35| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ガメの誕生

060813_kame1.JPG

ランティンガ滞在中"自然の"カメの孵化が見れるかも!と期待していたのですが
孵化は遅れている様子、子ガメと対面は無理かなぁ、と8割程諦めていたのです。
でも滞在最後の夜、時刻は既に12時近かったと思います
無事孵化するか心配になったスタッフの方が確認の為掘り起こす事に。
徐々に観客が増える中1m程掘り起こすと
ちゃんと生まれているではないですかるんるんカメの赤ちゃん達ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)
1匹1匹大切に保護されその数約75匹、卵は90個なので孵化率は80%強。
子ガメたちは孵化して直ぐに砂から出る訳でなく、3日程砂の中で過ごすそうです。
今回は焦る人間の都合により少し早く地上に誕生してしまったようです。

060813_kame2.JPG
 先に生まれた子ガメの下には
 殻から顔を出したばかりの子ガメもいました。
 誕生前に保護されてしまったので
 トレーの中で殻から這い出していましたが
 砂が無いとチョッと大変みたいでした。
 思わず"頑張れ〜"と掛声をかけちゃいました(笑)


060813_kame3.JPG
 そして翌朝
 皆に遅れて7時頃誕生した子ガメです。
 夜はまだしっかりと殻の中でした。
 お腹には胎盤のような物が付いています。
 このせいで直ぐひっくり返ってしまうんです。
 一際愛らしくてたまりません、
 元気に育って欲しいです。


ちなみに、この辺で見れるカメはアオウミガメかタイマイですが
この子ガメ達は卵の大きさからアオウミガメだろうとの事です。
posted by katsu at 22:51| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

恐怖のヒル

Tiger Leech.JPG
タイガーリーチ

本日はリクエスト頂いておりました、ヒル(蛭)をご紹介します。
これはダナン・ヴァレーに生息していた物です、リーチとは英語でヒルの事です。
このように葉などに付着し人間が来るのを待ち構えています。
気配を感じるとシャクトリ虫のような動きを始め攻撃態勢(?)に入ります。
その為写真を撮るのも中々難しかったです。
ヒルに血を吸われ一番厄介な事は血が止まらないと言う事ですが
このタイガーリーチは吸われた後がとても痛いので要注意です。
肌を露出していないから大丈夫!と思うと大間違いです。
彼らは洋服の中にも容易く進入してきます
私も靴下の編目から進入され、しっかりと血を吸われてしまいました。
ちなみに、どの位血が止まらないかと言うと、2時間経過後もまだ流血し続けた程でした。
大きさは葉脈から想像して頂けば良いと思いますが3〜4cm位だったと思います。
posted by katsu at 23:41| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

メガ・セール

マレーシアは(KLだけ?)は7/末から8/末にかけメガ・セールが行われます。
多くのお店が大幅値下げの札を掲げ賑わいを見せています。
そしてこの時期はKL市内の雰囲気が一変する時期でもあるのです。
セールが行われるからなのか、休暇が関係するのか
この時期は中東からの観光客が急増します。
カラフルな衣装に身を包み自由なお洒落を楽しむマレー系女性とは違い
目以外の全てを黒装束に身を包む女性達、そしてその家族。
彼らは観光と言うより買い物の為にこの国に訪れている様子。
イスラム国家でありながら近代的で物が溢れたマレーシアは
中東のイスラム国のお金持ちが旅行に来るにはとても便利な街なのだそう。
黒装束を身にまとう女性達にとって
軽装でお洒落を楽しむマレーシアのイスラム系女性はどのように映るのでしょうか。
posted by katsu at 09:55| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

2度目のFRIM

060730_FRIM View.JPG

先日2度目のFRIMへ行ってきました。
前回は平日出掛けた為、人も少なくのんびりムードでしたが
今回は日曜日の朝でしたのでウォーキングの人々で大賑わい。
多くが健康志向の中華系の人々です。

前回は修繕中で渡れなかったキャノピーウォーク、今回は渡る事ができました♪
キャノピーの途中ではKLの街を一望でき何とも爽快。
辛うじてツインタワーも見えましたが残念ながら写真には映りませんでした。
(この写真はツインタワー方面ではありません)

ウォーキングの途中で鮮やかな木の実の殻を発見。
中身は猿にでも食べられてしまったのでしょうか、本当に殻だけです。。。
それでもキレイな色だったので写真に収めてしまいました。

060730_FRIM fruit.JPG

そうそう、前回は何事もなかったのですが
今回は皆がヒルに吸われまくり。。。私なんて長袖、長ズボンだったんですよ。
今回のヒル、吸われた痕が痒くてたまりません。
posted by katsu at 10:04| クアラルンプール ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

Sunset

060719_kotakinabalu1.JPG

今更ですがコタキナバル・Nexus Resort Hotelからの夕日です。
時間と共に変わっていく空、ついつい友人と見入ってしまいました。
こんな淡く優しい色も良いですね。
少し北に目を向けるとミルキーピンクに染められた雲が優しく広がっていました。

060719_kotakinabalu2.JPG

友人にはもっと違う素敵な夕日が見えたようです。
どうぞ友人の見た夕日もご覧下さい♪ Lumiere Blog
posted by katsu at 10:09| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

赤ちゃんは蓑虫

4月、7月と立て続けに新生児にお目にかかる機会がありました。
友人がマレーシアの病院で出産しお見舞いに行ってきたのです。
日本に帰国され出産される方もいらっしゃいますが
こちらで出産される日本人もとても多いようです。
出産に限らず、病院では専門用語も多く"言葉"を不安に思いますが
通訳さんが常駐する病院もあり安心です。

さて話を新生児に戻します。
こちらの病院では、出産後の赤ちゃんは身体を布でくるくる巻かれ
まるで蓑虫のような姿で寝かされています。
そうする事により赤ちゃんが安心しあまり泣かないのだとか。
所変われば新生児の扱いも様々なんですね。


posted by katsu at 18:39| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

買い物風景

日本ではデパートやスーパー内で飲食をしない事が当然のですよね。
マレーシアでは大人も子供も飲食しながらの買い物は当たり前。
そんな事では動じないのですが、マレーシアに来たばかりの頃
レジに並びながら会計前のパンやジュースを子供に与えて姿を見た時は絶句。
そして順番が来ると食べかけのそれの支払いをするのです。
何事も無いように会計する店員を見て更に絶句、これで良いんだ。。。

そんな光景も見慣れてきた今日この頃
本日レジで見かけたその光景、対象人物は紛れも無く日本人。
郷に入ったら郷に従えと言いますし
お金は払う、子供は泣かない。確かに問題は無いのですが。。。
ん〜・・・マレーシア人になり切れない私です。
posted by katsu at 21:56| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

初めての映画館

本日は友人に誘われ映画館へ行ってまいりました。
2年9ヶ月マレーシアに暮らし初めての体験です。
こちらの映画館は全席指定で上映の2日前から予約が出来るそうです。
映画にもよりますが入場料12RM(訳400円)と言う金額も嬉しい限り。
ゴールド・クラスと言う40RMのリッチルームもあるんです。
それなのに今まで行かなかった理由は簡単、言葉が解らないから。
英語音声にマレー語・中国語の字幕、どれを取っても私には理解不可能。。。

では何故今回行ったのか、こちらの理由もとっても簡単。
1.1度は体験してみたかった事
2.友達がきっかけを作ってくれた事
3.演目がJohnny Depp主演のパイレーツ・オブ・カリビアンだったから♪
理由の3は結構重要、もちろんデッドマンズ・チェストです!
日本は7/22から上演ですよね、こちらでは既に昨日から上演が始まりました。
早く観れて得した気分ですが、もちろん内容は半分も理解できていません。
でもかなりコミカルでそれなりに楽しむ事はできました。
但しJohnny扮するJack Sparrowは前回以上に三枚目。。。
そして思いきり"途中です"と言うあの終わり方。あれはチョット嬉しくない!
喋りすぎてはいけないので私の報告はこの辺で。

*聞いてはいたものの館内はまるで冷蔵庫。。。
 これから行ってみたい方、是非防寒着(?)をお忘れなく!
 でもマレーシアの方は信じられないくらい薄着です、何故平気なのでしょう!?
   
posted by katsu at 20:47| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

Pulau Lang Tengah

LangTengah.JPG
ランティンガ島Blue coral Island Resortのビーチ

マレー半島東海岸クアラ・トレンガヌ(Kuala Terengganu)に程近い
メラン(Merang)の桟橋からスピードボートで1時間弱の場所に位置する小さな島。
5つ程のホテル(コテージ?)が在るようですが
今回私達が滞在したのははBlue coral Island Resort。
ホテルはやっぱりマレーシア・・・と言う感じの所もありましたが
真っ白なパウダーサンドのビーチと透き通るような海
そしてホテル名の由来になったと言う美しいブルーコーラル、そこに集まる沢山の魚。
ホテルのメンテナンスが行き届いていない事など大きな問題ではありません。

ここのホテルのダイブセンターではウミガメの保護を行っているそうです。
(マレーシアの人々は昔からの習慣でカメの卵を食べてしまいます)
今回滞在中に今年3度目のウミガメの産卵があり、初めて本物の卵を見る事が出来ました。
ピンポン玉程の大きさで、とても柔らかく触ると変形してしまいます。
一旦収集された卵はビーチの片隅に埋められ大切に保護されるのです。

turtle egg.JPG  conserve turtle egg.JPG
左:カメの卵  右:砂に埋められ保護された卵

来月も訪れる予定なのですが
ちょうどその頃最初の卵が孵化する予定だそうです。
子ガメ誕生の瞬間に立ち会えると良いのですが。

* Pulauはマレー語で島を意味します。

posted by katsu at 13:32| クアラルンプール ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

本当に幸運!?

ダナン・ヴァレー報告\

tortoise1.JPG
(多分)スマトラムツアシガメ

ダナン・ヴァレー最終トレックはEast Trailへ
草木の茂った細い小道は前日の雨でかなりぬかるみ密林の雰囲気は満点。
吊橋に残されたジャコウネコの糞や猿が食べ捨てた木の実。
鳥のさえずりに、茂みで羽ばたく大きな羽音。
沢山の森の気配を感じながらも大きな出会いは無くこのまま終り?と思った矢先
先頭を行くガイドさんが嬉しそうに私達を振り返ったのです。
息を潜めて覗き込んだ先に見たものは、小道にうずくまる体長40〜50cm程のカメ!
唯一の出会いに”ラッキーだ”と連発するガイドさん。
カメだけでも見れて良かったと言う意味だと思っていた私達ですが
後でじっくり話を聞くと、こんな大きなカメには中々出会えないとか。
そこまで言われても未だ半信半疑の私達、本当に幸運?
写真を送って欲しいと頼まれたのですからキット本当なのですよね。

tortoise2.JPG
”お腹の写真を撮りたい!”と言う私の頼みにカメを持ち上げるガイドさん

posted by katsu at 11:00| クアラルンプール ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

最後の晩餐!?

BakKutTeh.jpg
携帯画像で判り難いですね。。。

来馬した友人のマレーシア最後の晩餐は肉骨茶(バクテイ)
前にも少しブログで紹介しましたがマレーシア生まれの中国料理
簡単に説明すると豚肉を漢方スープで煮込んだ物です。
今回行ったこの店は意外と匂い控えめで食べ易く気に入っています。
中華系人々の朝食として知られる肉骨茶ですがこのお店がやっているのは夜だけ。
7時を過ぎれば沢山のテーブルは中華系の人々で埋め尽くされるんです。

食べ易いと言っても結構癖のある料理
マレーシア初めての友人の反応がチョッピリ心配でしたが
とても気に入ってくれたようで良かったです(^^♪
posted by katsu at 22:58| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

ドリアン屋台

今マレーシアはドリアンシーズンです。
ドリアン屋台には沢山のドリアンが売られています。
品種も沢山あるようで、何が美味しいとか話は聞くのですが
残念ながらドリアン好きでは無い私にはさっぱりです。

本日は日本からの友人を連れドリアンの洗礼を受けさせるべくドリアン屋台へ。
私も久し振りにドリアンを食す羽目になりました。
本日食したドリアンはD101。
どうなんでしょうか?コメント出来ない自分が悲しいです。
写真も無く重ね重ね申し訳なく思います。
posted by katsu at 00:00| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ネイル・サロン

久し振りにネイル・サロンへ行ってきました。
そこのお店に行ったのは1年半ぶりくらいになると思いますが
ペディキュアの価格が15RMもアップしていました。
マレーシアの物価もだいぶ上がってきているのでしょうか!?
と言ってもペディキュア+親指のアートで57RM(約1800円)は安いですよね。
不器用な私は自分でやらなくても綺麗になれる事が嬉しいです。
posted by katsu at 23:55| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

激しい雷雨

マレーシアにスコールがある事は既に良くご存知の事と思います。
最近異常気象(?)のせいか変な時間によく雨が降る事もお伝えしましたよね!?
今日は正午頃から激しい雷雨
市内方面には鮮やかな稲光が何度となく垂直に落ちている様子。

そんな真っ只中外出しなくてはならなかった私。
道路は予想通りの雨渋滞。。。
それにしても凄すぎると思っていると
市内に近づくに従いあちこちに落雷の痕跡(木の枝が道路に散乱していました)
そして極め付けは道路の分岐地点で落雷による大きな倒木。
市内に向う道路2車線をすっかりと塞いでおりました。
お陰で目的地まで15分の距離を40分もかかってしまったのです。

んー・・・ 良くある事。 マレーシアらしい風景なんですが。。。。。。
posted by katsu at 21:57| クアラルンプール ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Malaysia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。